職場や学校の近くに住むことは究極の時短!

ゴキブリが大量発生?!

これは私の友人が体験した話なのです。
友人は池袋駅近くで家賃5万円程度の賃貸を探しておりました。
池袋の家賃相場は1Kで8万円程度。
かなり破格の家を探さなくては見つかりません。
私はその家賃では条件を変えなくてはならないのではないかと思っていましたが、友人は不動産屋さんの紹介を通じて6万円の家を見つけたのです。
しかし喜んだのもつかの間、三ヶ月ほど経つとその部屋ではゴキブリが大量に発生し、寝ている時には友人のことを噛んでくる始末。
半年で泣く泣く引っ越すことになりました。
私は友人の引越しを手伝ったのですが、その時部屋の入り口の扉の角あたりに大量のゴキブリの死骸があることに気づきました。
その部屋は扉の角の隙間が少し広がっており、虫の侵入を許しやすくなっていたのです。

立地が良くて安いなら必ずデメリットがある

職場や学校とのアクセスが良いこと、近所であることは良く人生で成功するのために役にたつと言われています。
通学通勤時間を節約できるということは本業に集中できる時間が長くなるということですから頷けますね。
しかし立地も良くて家賃も格安なら必ずどこかに大きなデメリットがあるはずです。
本来立地が良ければ人気がありますから家賃は高くなるはずです。
それが自分にとって許せることなら全く問題ありませんが、上記の友人のように我慢できないことであれば初期費用を無駄に失うことになり大変です。
良い部屋を見つけたら自分で粗を探すことはもちろん、管理人や不動産屋さんによくよくやすい理由を聞いておきましょう。
その上でアクセスとデメリットどちらを取るのか考えなくてはなりません。


みんなにシェア

B!