同じ建物でも部屋によって全然違う防犯対策

防犯を大切にするなら上の階に住もう

防犯上間違いなく1階というのは空き巣の侵入を許しやすい上、虫の発生なども起こりやすいです。
ただその代わり下の階がないため、生活音に気を使わずに済む、外出がしやすいと言ったメリットがあります。
2階より上の階は侵入される可能性がゼロではありませんが当然確率はかなり減ります。
そのため家賃が1階よりも2階以降の方が高い場合もありますから、ここでも何を優先するのかを考える必要がありますね。
またベランダやアパートの廊下が外からどれくらい見えるのかも確認しておきましょう。
周りの建物の陰になっているような家だと、生活する上でプライバシーは守られるでしょうが、侵入を許しやすいということもあります。
周りの地域の治安も防犯上影響があります。
譲れない点はピックアップしておきましょう。

オートロックや二重鍵で安心安全

建物の設備で防犯対策をしているマンション 、アパートもたくさんあります。
監視カメラを設置したり、エントランスにオートロックを設置するなど防犯対策のしっかりした住居なら安心ですよね。
ただそうした住居は立地が都心から離れているか、家賃が高いかと言った他の条件を圧迫する条件があるものです。
外から侵入されるようなことはそうなんどもあるわけではありません。
万が一に備えた条件になりますので、他の条件と比べて優先順位を決めておきましょう。
また防犯対策は自分でも可能なものがたくさんあります。
窓が開かないように2重ロックを購入しておく、貴重品を家に置かない、防犯灯を設置するなど沢山あります。
他の条件を満たしていて防犯上だけ不安なら自分で何とか対策できないか考えてみるのも手だと思います。


みんなにシェア

B!